日記

トップページ しろ紹介 ジジ紹介 みい紹介 日記

2018/05/23

尾道の猫ちゃんその9

 尾道の猫ちゃんその9
IMGP24491-2.jpg


あれれ、誰かいる
IMGP2402.jpg


だれだろ~
IMGP2401.jpg
どんなこかな?


こんなきれいなねこちゃんでした。
IMGP2406.jpg


IMGP2407.jpg

しかし大きいな(^.^)
IMGP2408.jpg


この子はね、私達がこの公園に入った時、osudanukiさんの膝に乗っかって少し寝ていたようです。
IMGP2486.jpg
私はココアちゃんの写真を撮っていたのでその様子写真に収めれませんでしたが
とても人懐っこくって、きっとここへ連れてこられる前は、osudanukiさんのようなお父さんのお家の子だったのかな・・・とか
色々考えてしまいました。

そんなこと考えてるとやり切れない気持ちになってしまいました・・・。
IMGP2485.jpg


みんな今日はお天気で、よかったね。
IMGP2487.jpg
尾道の猫ちゃんその10へ続きます。

コメント

非公開コメント

 おはようございます。

 優しい顔をした毛足の長いネコちゃん、きっと誰かに飼われていたんでしょうね。何ともやりきれません。

No title

穏やかな表情の長毛さんですね。
どんな猫生を送ってきたのか、尋ねてみたい子がときどきいます。
理不尽な目に遭った子なのか、自分で迷ってしまった子なのか、それぞれの猫生なのでしょうけど、幸せに過ごしてほしいです。

No title

男性が好きな子、女性が好きな子なんてのもありますから
何とも言えないけどOsudanukiさんにただならぬものを感じていたのではないでしょうかね(*´ω`*)
こういうのを目の当たりにするとちょっと切なくなったりもしますねぇ(;´・ω・)

みんな幸せだと良いなぁ(*´∀`*)

inkyoさんへ

きっとそうですよね

家のみいちゃんも毛が長く
雨の日の道路でうずくまっていたようです。
osudanukさんが
ちょうど車で通りかかって
このままだとひかれてしまうと思い
連れて帰って来ました。

こまちょんたさんへ

そうです
人を怖がらない
穏やかな子でした。
どんな猫生でこれからどう猫生を生きるか・・・。
幸せであってほしいです。

きなこママちゃんへ

osudanukさんをみて
何か感じるもの、何か思い出したのか
それはわかりません。

外猫ちゃんもみんな安心して生きられるような
環境がほしいものです。

No title

ほんとにきれいなこですね。
osudanukiさんのお膝に乗りながら
何を考えていたのかとおもうと
胸が苦しくなります。

一度お家でくらした経験がある子が
お外で暮らさなければならないなんて
悲しすぎます。

不幸な子は保護してあげたい気持ちはあるけど、そんなことは無理なことやしと思うと、よけい悲しくなります。
この子が少しでも幸せになれますように
願うばかりです。(#^^#)

oharumamaさんへ

oharumamaさん
コメントありがとうございます。

今日の私のブログで、最後に掲載しているあの子の写真をみてると、
本当にやりきれなくなります。
ブログで嘆いても重たいブログになってしまうので、よくないかもしれませんが
事実多くの猫ちゃんが暮らしています。
おそらくいろんな事情であの場にいるのだと思います。

oharumamaさんも以前ご自分のブログで
宝くじが当たったら、猫ちゃんを保護する、お家みたいなの作りたいって、いっておられませんでしたか?
私もよくそうおもいます。
夢のまた夢のような話ですが、
でもそう思ってくださる人が増えるだけでも
お外で暮らしている、自分で食事を確保しなければならない子に対しての、思いやりが
いろんな人に広がればいいなぁとおもいます。